住まいをより快適に修繕したいあなたに!

>

高齢化社会にそなえたバリアフリー化の発想

バリアフリー修繕で頼れるコーディネーター

住宅のバリアフリー化にあたって頼りになるのが福祉住環境コーディネーターです。
福祉住環境コーディネーターはバリアフリー住宅の専門家であり、信頼できるカウンセラーでもあります。
コーディネーターは家族が現在持っている住まいの問題を正確に分析し、何が原因で暮らしにくくなっているのかをクライアントと考えます。

コーディネーターは決してコーディネーターが考える理想を一方的に押しつけるのではなく、上から目線にならずにクライアントが望む理想を最大限に引き出す方法を提案します。

福祉住環境コーディネーターとのカウンセリングによって住まいがより暮らしやすくなるだけでなく、家族全体も以前よりフランクな雰囲気で本音を言い合える環境がつくられることも多いようです。

高齢者の暮らしを楽にするバリアフリー修繕

高齢者向け住宅のバリアフリー化ツールとして、階段昇降機があります。
主にリフトの力で階段を昇降することができる介護用品であり、足の弱い人が外出しやすくなるように工夫されています。
階段昇降機は非常に高価な消耗品であり、取り扱いが難しいため、自宅に設置するには確認申請などのいくつかの手順を踏む必要があります。

確認申請は自宅に介護用品を設置しても問題がないかどうかを地方自治体が判断するためのもので、階段昇降機設置の第1段階と言えます。
階段昇降機の必要性を感じたら、まず自治体窓口で必要書類を用意し、設置申請を出します。

公営住宅ではバリアフリー修繕の要件が厳しい傾向にありますが、ここ数年のとまらぬ高齢化を見据え、各地方自治体は条件緩和に向けて動き出しているところです。


この記事をシェアする