住まいをより快適に修繕したいあなたに!

>

注文住宅における修繕コスト

修繕が比較的簡単とされる吹き抜け住宅

吹き抜けを組み込んだ注文住宅は、後々の修繕が容易であるとして特に市内中心部で強く必要とされています。
空間を広く見せることができる構造は非常に開放感があります。

吹き抜け構造を採用することの大きな利点は何よりも、空間を有効に使用できることです。
天井は一般家屋よりもはるかに高いので、長い期間暮らすほどに便利さが増し、非常にリラックスした気分で毎日を過ごすことができます。

また、天井を上げることで空間のつながりが良くなり、1階から3階までをどのフロアにいても見通すことができ、家族の連帯感が強化されます。
窓の位置が必然的に高くなるため太陽光が床の隅々にまで届きやすくなり気分まで明るくなります。
また、空気を遮断するものがないので、自然と風の通り道が確保され、通気性が向上するというメリットもあります。

和風住宅と洋風住宅、修繕しやすいのは?

いつの時代も、誰もがオリジナリティあふれる注文住宅をデザインしたいと憧れるものです。
しかしながら、後々の修繕コストまで考えたうえで住宅のスタイルを選択する人は意外に少ないものです。

木製のフローリングを使った洋風住宅は開放感があり、暖色系の色を壁紙に採用すれば部屋全体が家庭的な雰囲気になります。
一方、和風住宅の良さはゆったりとリラックスして過ごせることです。

西洋スタイルと和風スタイルは、共存可能であり、どちらか一方が優れているわけではありません。
ただ、修繕コストを考えると構造が比較的シンプルな洋風住宅のほうが若干すぐれているようです。
近年では、西洋式の床に畳の空間を組み込むというワンポイントアイディアも人気があるようです。


この記事をシェアする