修繕費用の相場と見積もり方

住まいをより快適に修繕したいあなたに!

マンション経営や住宅購入に必要な修繕知識

建物の損傷範囲が全体にまで及ぶ場合は、その度合によって保険が適用されることがあります。 万一のリスクにそなえるのが保険の役割ですので、マンション経営者であれば事前にその仕組みをきちんと理解したいものです。 保険が適用される範囲とその条件についてまとめました。

大がかりな修繕にそなえる保険の仕組み

将来の見通しを立てる意味でも、新築の住宅を購入したその時点から修繕費用について考えておく必要があります。

ひと口に修繕といっても、壁の汚れや細かいキズなどの軽微なものから外装の工事が必要となる大がかりなものまで程度にばらつきがあり、マンション経営の立場ではあらゆるケースに対し迅速に対応しなくてはいけません。
また、入居者としてマンションを利用する場合は、どの範囲までが自己修繕の範囲と見なされるのかを事前に把握し、余分な修繕コストを要求されないようにしなくてはなりません。

修繕が必要となる具体的な時期が予測できないのもマンション経営の特徴です。
修繕が必要となるのは10年後かもしれないし、入居した次の日かもしれません。
オーナーの場合は住宅の瑕疵はそのまま空室の増加や賠償責任につながりますし、入居者の立場でも居室の修繕が義務とされるケースも少なくありません。
ただ、修繕コストはマンションを所有しているかぎりいつか必ず必要になるものですから、具体的な時期にかかわらず、そのためのコストを毎月少しずつ積み立てておくと良いでしょう。
大規模なマンション管理を行うオーナー向けに、民間の火災保険や家財保険が数多く提供されていますので、そちらのほうもチェックしてみましょう。

後半のページでは広い意味での修繕である住宅のバリアフリー化についてまとめましたので、現在介護が必要な方も将来が心配な方もぜひ参考になさってください

注文住宅における修繕コスト

やっとの思いで手に入れた念願の注文住宅。 しかしながら、完璧な状態は長くはつづきません。 住宅は生活空間なのですから、暮らしていくうちに壁が汚れたり床が抜けたりと、あちこちに修繕の必要が出てくるのはやむを得ません。 ここでは注文住宅の修繕コストについてまとめました。

高齢化社会にそなえたバリアフリー化の発想

たんに、建物の綻びを原状に戻すことだけが修繕ではありません。 将来にそなえて部屋や建物をバリアフリー仕様にしておくことも大きな意味での修繕とよばれます。 この先の日本でますます必要性が増していくであろう住宅のバリアフリー化についてまとめました。